ひどい花粉症だった私が、この食べ物だけで治った!

花粉症を食べ物で治した張本人の久美子ママでやす♡
実は、私すごい花粉症だったんです。
関西から関東に引越してきた時なんて
もう本当にピークにひどくなって、
鼻水・くしゃみ・かゆみ・充血
この4点セットが一気に押し寄せて
大変な騒ぎにΣヽ|゚Д゚|ノ┌┛

なんてこったい!!

 

主人にも大丈夫か?!と心配され、
もはや薬に頼らざるを得ませんでした。
そうこうしているうちに
1年の約1/4は花粉に悩まされる人生に・・・
無題

 

鼻水も詰まってはずるずる・・・
目にも影響があるだけに、風邪よりも悲惨な感じですし
「薬を飲めば済む!」
というのは本当の解決策ではないですよね。
なので、1年間のうち1/4も薬に頼らない生活を送る為に
色々試してみた結果、
食べ物で治す事に成功したわけです。
もちろん、人にもよるかもしれません。
ですが、きっと参考になると思いますので
ご紹介させてください♪

 



その① 甜茶(てんちゃ)

941_main_hot

甜茶には抗アレルギー作用、抗炎症作用があり
花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和し軽減する効果があります。

その他喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果的面です。

甜茶とは「甘いお茶」の総称で、
バラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)
ユキノシタ科の臘蓮繍球(ろうれんしゅうきゅう)
アカネ科の牛白藤(ぎゅうはくとう)
ブナ科の多穂石柯葉(たすいせきかよう)の4種類がありますが
その中でも、甜葉懸鈎子が一番効果が高いので
バラ科となっていたらそれですね✩

 

 

その② アマニ油

abura

本当にダイレクトに効きます!!

 

アマニ油に含まれるω-3脂肪酸は、炎症を悪化させる成分の生成を抑制する働きを持っています。
なので、花粉症が発症した時に亜麻仁油を摂取すると症状を和らげることができ
定期的に摂取することで予防にもなります。
不飽和脂肪酸の中にあるα-リノレン酸も抗炎症作用を備えていて
抗するアレルギー作用もあるなんて・・・!
素晴らしいよね。薬じゃないのに薬みたいね。

 

リノール酸などの脂肪酸は、アラキドン酸などの炎症物質にかわりますが、
オメガ3脂肪酸は逆に炎症を鎮める作用を持っていて
喘息にもなりにくいです。
鮭、青魚、大豆製品、緑黄色野菜からもとれますが、
含有量が少ないので、亜麻仁油がオススメです。
最近はアマニ粉末、アマニドレッシング等、
色々売ってますので、お好きな方法で美味しく頂いてくださいね✩

 

■亜麻仁油の扱い方ポイント2つ

(1)加熱は厳禁!生のオイルそのものを食します。←ここポイント!!

お料理などに直接一ふり!
炒め物などには決して使わないようご注意下さい。
加熱すると前述の美肌効果がほぼなくなり、ただの酸化したオイルと化してしまいます。

(2)要冷蔵

一度開封したら酸化してしまうので
冷蔵庫で保管が必須です。

 



継続は力なり

甜茶は花粉ピーク時の2月初旬頃~の摂取で、
亜麻仁油は日課のように毎日取り続けてください。

 

そんなにしてまでも効果がでない
そんな日は・・・
what-a-day

 

ですけど(笑)

本当にこれだけで、薬を飲むことはなくなりましたし、
今は一応怖いのでマスクの着用はしますが
付け忘れる日があるくらいですよ。
でも、目と鼻のぐじゅぐじゅ感はありません。

是非、食べ物から体質改善して、花粉症対策・予防として
試してみてください。

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ