今すぐ上達!車の車庫入れ

 

慣れないうちの車庫入れは、
特にシミュレーションがとても大切です(*゚∀゚)ノ

 

例えば、次の写真の例をみてみましょう!
ピンクの斜線箇所に車を入れてみます。
1

車を寄せきれた方が入れやすいのです。
運転席から見づらい場合、自宅の車庫や
ショッピングモール等の広い駐車場など(ゆっくり練習できるような場所)であれば
一度降りて車の位置をみてみましょう。

 

最初のうちは意外と距離があって
「こんなに空いてるんだ・・・」と思うかも。

怖がらず、
003

って誰あなた( ̄▽ ̄;笑

白線のない場合でも止める場所を確認し、
だいたいの線を想像してみて
助手席窓の中央あたりを目安に一旦止まってみます。
絶対に止まらなくてもいいですが、コツを掴む為にやってみましょう♪

 

2

写真の場合、右いっぱい(反対の場合は、左いっぱい)切って進めー!
どこまで??
行き過ぎたら??そんときはそんとき~(笑)

 

3

目安は、止める側のミラーにお隣さんが見えるまで
写真上、左隣りの車を目安にしていますが
たとえば止めたい箇所の右隣りに車が止まっている場合、前進は
右ミラーに右隣りの車のヘッドが見えるまで目安にしたりもしますよ✩

 

4

「D」→「R」(バック)に切り替え

今度は逆に左いっぱいハンドルを切って(逆の場合は右いっぱい)
ゆっくりゆっくりバック。(いつでもすぐ止まれるスピードで)
このとき、運転席側の窓かドアを開けて
白線と車体との距離、タイヤの動きなどをみてみるとよいですよ!

 

5
隣りの車や人の気配などにも気を配って

平行になるまでとにかく気を引き締めて。

 

6

白線と平行になれば(だいたいで)
ハンドルを逆方向に2回回すと
タイヤがまっすぐになります。

 

7

あとは、真っ直ぐ下がるのみです。
013
注意※家に帰るまでは遠足です。エンジン切るまではドライブです。

 

写真では切り返しもないのですが
左右アンバランスだったり
気にいらないな~ってときは
はじめのうちは何度でも切り返しをしてみましょう。

 

1度で入れるのはカッコいいですが
切り返しをしてハンドルとタイヤの関係が身につくと
自然に慣れてくるものです。

 

車庫入れにはコツがあるという事がわかりました。
あとは実践あるのみ!
1123
すぐに上達を実感できますよ(*゚∀゚)ノ

 

☆その他関連記事☆
車の運転が上達するコツとは?
今日からできる!縦列駐車
アイドリングストップの効果

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ