蚊よけスプレーを簡単に手作りする!肌にかけても安心レシピ♡

蚊の対策の1つとして
蚊よけスプレーを使う方も多いと思います。

 

蚊除け対策の商品は
薬局に沢山並んでいますが、
そのほとんどが体に良くない成分(発がん性物質であったり等)
が含まれていたり・・・
私はなんだか怖くて買えません。

 

でも既製品のオーガニック製品となると
高いんですよね。
手作りするとお財布にも優しいです♪



☆材料はこちら☆

★精製水(ミネラルウォーター or  水道水)  45~50ml
★無水エタノール(※1) 5ml
★エッセンシャルオイル【精油】(※2) 10滴・・・配合は好きな香りで
★ビーカーなどの容器
★遮光性のあるガラス瓶か、オイルOKなプラスチック製容器(※3)

CIMG6564

※1 無水エタノールについて

無水エタノールを使用しなくても作れます!
無水エタノールを入れる意図は、精油の成分と水を分離させない為なのです。

CIMG6565

なので、
無水エタノールを使用しない場合、使用前に必ず容器を振る必要が!
また、エタノールは防腐作用もありますので、1~2週間で使い切る方がいいです。

 

キャリアオイルを代わりに使うのもOKです。
【量は上記と一緒です】
しっとりした化粧水(ローション)になっちゃいますよね。笑

 

キャリアオイルは
粘性が低く酸化しにくいホホバオイル、ココナッツオイル、マカデミアナッツオイルなどですね。
ただし、エッセンシャルオイルとキャリアオイルの中に完全に溶けますが、
キャリアオイルと水は溶け合わないので、毎回シェイクが必要!
019



※2 エッセンシャルオイルについて

蚊が嫌いな虫除け効果のある
アロマエッセンシャルオイル(精油)

レモングラス
ユーカリ
ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)
シトロネラ
ペパーミント
ゼラニウム
ラベンダー

こればかりは、私の主観で申し訳ないですが。笑
香りは全部ステキです♡
035 (1)
レモングラスやペパーミントは何となくのご想像どおりですが、
勘違いしがちな(思ったのと違う)香りは、
ラベンダーは決してフローラルな甘い香りではないということです。
檜や松ヤニのような木の匂いに近い匂いなので、
誤解しないでくださいね。

※3 遮光性のあるガラス瓶か、オイルOKなプラスチック製容器

オイルを使用する場合、基本的には遮光性のガラス瓶が1番良いです!
なぜかというと、精油は太陽の光に弱いからです。
太陽の紫外線を浴びることで、精油の成分がどんどん劣化(酸化)してしまうという理由です。
41aTZfggN0L

プラスチックの場合、PP(ポリプロピレン)のものなら大丈夫です。
PET(ポリエチレンテレフタレート)等は
中の側面が精油成分のせいで溶けてしまって
透明な物がいつの間にかすりガラス状になってしまいますので要注意です。

早く使い切れるなら、PP製のプラスチックでOKだと思います♡

黒い布を巻いて使うと一応遮光できるので、その方法もおすすめ♪
何を選ぶかは、個人の責任でお願いします。

CIMG6569
スプレーの場合、
香りがすぐに揮発してなくなってしまうので、
まめにスプレーしなおす必要がありますが
作るのがとっても簡単!!

 

スプレーは
シュッと一吹きすれば簡単ですし
肌に直接つけて紫外線が気になっても
服にかければいいので安心です☆

 

他にも、過去記事で
蚊の対策:手作り虫除けバームの作り方レシピ
こんな方法もあることをお伝えしました。
虫除けバーム(蜜蝋クリーム)は
作るのに少し手間がかかりますが、香りが長期間持続しますので
一旦作ってしまえば、一度塗るだけである程度効果が持続しますよ♪

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ