夏の紫外線が危険!発疹や激しいかゆみ・痛みの対策

ただ肌が焼けるだけでは済まない紫外線の恐怖・・・

 

紫外線のせいで赤い発疹が現れたり
激しいかゆみと痛みに襲われることがあれば
注意が必要です。
日差しの強まるこの時期、
今年の紫外線対策は万全ですか?
shutterstock_114794266-1

私は実は「光線過敏症」です0579t_770928_パンダ+がっかり
本当にかきむしりたくなる程の辛さでございます(lll´+д+)

 

いわゆる紫外線によってアレルギー反応を起こす状態なのです・・・
一般的に紫外線アレルギーって言った方がいいのでしょうか。

 

日差しの強い弱いに関係なく
外出時に必ずUVカットの帽子や手袋を装着し
更に日焼け止めを塗っているから
「私は大丈夫!」と思わず
きちんとした対策をしましょう。

 



「光線過敏症」ってなに?

日光にさらされた皮膚の部分にのみ発疹が現れた場合、
光線過敏症が疑われます。
病気、服用した薬、皮膚に塗った薬や化粧品などを詳しく調べると、
光線過敏性反応を起こした原因を特定するのに役立つので
医師の診察を受ける前には
メモをするなどの記録を残しておくと◎

「光線過敏症」になれば
その日は痒みも痛みも感じられなくとも
数日後に我慢ができないくらいの
痒みと痛みに襲われるのです059my_777062_びっくり

 

首や頬に赤い発疹が浮かび
一部の皮膚がカサカサになって
鳥肌のような状態が続きます。
重症の方であれば
真っ赤に腫れ上がるとも。。。

 

今シーズン初めての登山、キャンプ、海水浴、
子供を連れての公園通い、
はたまた買い物へ行くだけでも発症・・・
どうしてこんな症状になるのか。

 

「光線過敏症」の原因

 

普通、紫外線を浴びても
皮膚内のメラニン色素が働くので
紫外線の吸収を抑えてくれるのですが
強い紫外線を一気に浴びることで
タンパク質を刺激して皮膚内を変質させます。
これを異物ととらえた身体は
アレルギー反応となり
発疹や痛みかゆみが出るのです。

 

冬の間は日光を浴びる量が少ないので
メラニン色素が減り
初夏から7月にかけて一気に浴びるので
その頃に発症が急増してしまうというわけですね。

 

湿布薬成分が紫外線に反応すると
湿布を張ったところだけ真っ赤になる可能性が高いのです。
意外な物が原因で光線過敏症を引き起こす事も・・・
香水なども考えられますよね。
私の場合は最初は恐らく香水だったかなと
思い当たる節があるわけで^^;
とにかく夏に不自然な事は禁物ですよ。

 

発疹や激しいかゆみ・痛みの対策

・汗をかいたら意識的に日焼け止めを塗り直すこと
友人から聞いてすっかり私も愛用している
スプレー式だと手軽にシュッとできるので便利です。

朝夕の紫外線量が少ない時間に「肌を慣らす」なども有効的ですね。

痒くてもかかないこと
お風呂上がりや日中外にいたりすると体温が上がり
痒くなると思いますが、ここは我慢!
家にいる時は、タオルなどで患部を冷やすと痒みが緩和されます。

・薬局等で手に入れたゆみ止めの塗り薬を定期的に塗ること
朝でかける前、お昼、夜お風呂に入ったあとなど
一日塗っただけでもかなりの効果が期待できます。



発疹や激しいかゆみ・痛みの予防

紫外線を防ぐ機能を持つ帽子や衣類・サングラスなどを着用し、
日光を極力避けて日傘も日焼け止めも使うようにします。
光線過敏症を引き起こす可能性のある薬や化学物質も
極力避けたいですが
医師と相談した上で、可能ならば中止しましょう。

 

花粉症などのアレルギーと同じく
一旦発症すると完治が難しいといわれているので
極力、予防することに徹したいものですよね。270755

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ