Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コモコメルマガへのLP(記事上)

電磁波がガンになりやすいって本当?!

こんにちは!くみこママです♡

当記事では、「電磁波がガンになりやすい」という怖い情報を聞いたので記事にしてみました。

 

「パソコンやスマホの電磁波はそもそも身体によくない」
「テレビの前にサボテンを置くと電磁波の影響を受けない」

などの噂がちらほら。
1031

本当???
そもそも、電磁波の何が危険なのでしょうか。

 



私達はいつも被爆している

電磁波とは電場・磁場の集合体で、浴びると人体に影響があると言われているものです。
(ちなみに、電磁波を浴びる事を被爆と言います(@.@))
電離放射線、紫外線、可視光線、遠赤外線、 スマホ、パソコン、テレビ、ホットカーペット、 IHクッキングヒーター、電気毛布、電子レンジ等が原因で、私達は少なくとも毎日被爆していることになります。

 

東京スカイツリーから送信されている地上デジタル放送電波、携帯電話(スマホ)、その基地局から送信される電波は高周波です。
スマホを頭に密着させて使うのは危険なんだとか。
何か嫌な予感しかしません。

munakata

そうです。
実は、スマホを頭に密着させる事で頭部の発ガン性などが疑われています。

 

スマホの使用期間が10年未満である場合に影響が見られないとの結果が多い一方、10年以上使用した場合には、聴神経腫、神経膠腫が増加するという複数の結果が報告されています。
また、
すでに米国では、40年も前にワルトハイマー博士らが配電線や変電所の近くに住む子供達を疫学調査し、白血病や脳腫瘍の発生率が高くなったことが報告されたのです。

 

このことが後に、電磁波が健康にもたらす影響について真剣に研究されるようになるきっかけとなりました。

 

電磁波過敏症の症状を知る

もしあなたが 以下の症状に当てはまったらとしたら、知らない間に電磁波過敏症という病にかかっているかもしれません・・・

 

【電磁波過敏症の13の症状分類(ウィリアム・レイ博士による)】

1. 目の症状
→見にくい、目が痛い、目がうずくなど

2. 皮膚の症状
→乾燥する、赤くなる、できものなど

3. 鼻の症状
→鼻づまり、鼻水など

4. 顔の痛み
→顔がほてる、むくむ、水泡、ひりひりする

5. 口の症状
→口内炎、メタリックな味がする

6. 歯や顎の痛み

7. 粘膜の症状
→乾燥、異常な渇き

8. 頭痛
→単なる頭痛のみならず記憶喪失やうつ症状まで

9. 疲労
→異常な疲れ、集中力の欠如

10. めまい
→気を失いそうな感覚、吐き気

11. 関節痛
→肩こり、腕や関節の痛み

12. 呼吸
→呼吸困難、動悸

13. しびれ
→腕や足のしびれ、まひ

 

最初に目、皮膚、神経に症状が現れます。
その後、
呼吸困難や動悸、めまいや吐き気などの症状が現れてきます。
また、疲労感やうつを伴う頭痛や短期的な記憶喪失、手足のしびれやまひが起こってくる人もいるようです。

 



電磁波とどう向き合う?

ウイルスや細菌と聞くと、手洗いやうがい、インフルエンザの時期に電車の中でマスクしたりと比較的関心が高い方も多いですよね。
それはきっと、鼻や喉に辛い経験をしたことがあるからウイルスや細菌に対しては防御しようとするわけです。
電磁波の影響で大きな病気になったことなんてないからという理由で、その問題を先延ばしにしてしまうのは違うような気がします。

 

電磁波の飛び交ってる時代に生まれて逃れようがないし、面倒くさいから蓋をしてしまう・・・
そんな感じなんだと思います。

 

くみこママもその中の1人です。
スマホやパソコンなしの生活なんてもはや考えられません!!
1115

絶対阻止が無理でも少しでも電磁波の影響を減らす使い方を考えてみる必要がありそうですね。
(たとえば、ドライヤーや携帯を頭になるべく近づけないようになどの試み)

 

サボテンは電磁波を通さないそうですが、結局はそのサボテンを置いている部分以外は電磁波が通り抜けていきます。
サボテンでできた防護服でも着ない限り無意味だということです。

8186xJTEdNL__UL1500_

私達ができることとしては、知識を増やして意識をすることくらいでしょうか。

 

もう一度いいます!!!

電離放射線、紫外線、可視光線、遠赤外線、 スマホ、パソコン、テレビ、ホットカーペット、 IHクッキングヒーター、電気毛布、電子レンジ等が原因で、私達は少なくとも毎日被爆していることになります。

 

■年中、外出時はなるべく日焼け止めを塗る
■パソコンから30cm以上は離れる
■テレビから2m以上は離れる
■なるべくスマホを頭から離してスピーカーONにして通話をする
■スマホをポケットなどに入れず、なるべく身体から離しておく
■スマホをいじるのは必要最低限度にする
■ホットカーペットより床暖房を選ぶ
■オール電化は安くて火事も防げるけど、ガスの方が身体への安全性が高いので、IHではなくガスを選ぶ
■時短もいいけど、レンジで温められた食品は被爆し栄養が抜けるので、なるべくガスで調理する

 

などのことです。
電磁波は飛び交っているし、オールアース住宅でないと意味がないかもしれません。

オールアース時代がやってくる快適な住まいに電磁波対策は欠かせない | 電磁波カット 電磁波防止 電磁波防止グッズ 本 書籍

※オールアース住宅とは、建物が発生させる電磁波をカットした住まいです。

 

例えオールアースでなくても、少しでも意識をして行動するだけでも違うと思うんですよね。
119034206

危険な添加物などと一緒で、すぐに身体に影響が及ぶものではありませんが、電磁波との向き合い方を考えてみる良いきっかけになれば幸いです。

今回の記事はどうでしたか?
大わくわく or 小わくわく
してくれていたらポチッと♡m(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

密かに人気のカテゴリーTop3!
第1位→楽しいショッピング
第2位→アンチエイジング
第3位→健康人生

スポンサードリンク




コモコメルマガへのLP(記事下)


コメントはこちらにどうぞ♪


top

このページの先頭へ