母の日の人気プレゼントランキング☆今年も花より団子傾向?

今年もこの時期がやってまいりましたね。

 

単刀直入に、今年の母の日は何を贈る?
気持ちなので、何でもいいんですけど
何となくセンスも問われているような?

母の日



プレゼントしたい物ランキング1位~(数年間の動向をみて)

1位・・・(半分に満たないものの、ほぼ半数の人)
2位・・・食品・スイーツ(3人に1人)
3位・・・「一緒に食事」(10人に1人くらい)
4位・・・雑貨・服」(10人に1人くらい)
5位・・・「商品券・ギフト券・現金」(20人に1人くらい)
6位以下・・・「バッグ・財布」「旅行」他・・・

※「母の日」に関するネット市場の意識調査をまとめたものです。

 

母の日では
定番の「花を贈る」が1位で、
なんと3人に1人は「食品・スイーツを贈る」ようです。

 

 

花はキレイですが美味しくはないですから
食品・スイーツは喜ばれるんですよね!
『花とスイーツ』とか、『花と○○』という商品も
両方取りで選ばれやすいのかもしれませんね。
「一緒に食事をする」「商品券・ギフト券を贈る」
なども増加傾向にあるようで、
花より団子傾向が強まっています。

 

 

母の日に使う平均予算は、
およ3,500円(税抜き)という結果に。
一方、母親が母の日に子どもへ求めることは
「感謝の言葉を伝えてほしい」
「一緒に過ごしたい」
「家事を代わったり手伝ったりしてほしい」
という意見が多いようです。
“モノ”よりも“コト”を望む傾向も強いようです。

 

 

実店舗とネット通販のメリットデメリット

 

母の日ギフトの購入場所として、
実店舗で購入している人は半数を下回り、
ネット通販を利用して購入している人は
約3人に1人という結果になっています。

 
その為、ネット通販では商戦が激しく、
「我こそは~!」とここぞとばかりに
早割りなどの割引き・クーポンが多く出回っています。

 
配送も住所入力後クリック1つでできるし、
ポイントも貯まる送料込みだったり、
時間がない人にとっても、真夜中でも時間帯を問わず
消費者にとっては嬉しい部分が多く
私達世代の若者を中心に有り難い存在となっています。

 

 

でもやっぱり
実店舗で購入したいなと感じる部分は
直接見て買えるということです。

 
その部分は大きく、
ネット通販で購入で懸念されることは
直接見られないし、
贈るものの状態が心配・・・です。

 

 

ネット利用依存者の私でもそう思います。
やっぱりクリック1つでってイメージは拭えませんから、
お母さん側も機械的~って思う人もいるのかな?
いや、もらえるだけ有難うなんだけどね。笑

 

 

母の日の話題では、テレビとネットでも炎上した和泉節子さん。
enn1104201532008-p2
自分の時代は“三越の包装紙”で贈り物をするというのが原則で
嫁は夫のためデパートに足を運び、
自分の目で品定めをして日頃の感謝の気持ちを
一筆添えて姑宅へ持参するべきだという・・・

 

 

如何にも世間から反感を買いそうなご意見。^^;
するべきだなんて・・・・・
そもそもできる人とできない人がいるし、
しない人だっているわけで、それはそれでありですし。

 
金銭面、仕事と家庭の両立に追われ、
現代の女性は時間的工面だってしていかなきゃならないし
そんなことしてられないって人は多いのかなと思います。

 

 

で、うちの場合も、主人の実家も自分の実家も遠方で
配送も一緒にしてくれるので、ネット通販ばっかりですよ。

 

 



ネット通販でのショッピングで注意したいこと

 

何より皆の口コミです!
何より皆の口コミは、良いものを厳選する判断材料として
必要不可欠になってます。
商品写真だけで判断はしないで下さい。

 

どんなものなのか?
サイズは?色は?味は?質感は?担当者の手際の良さは?
求めているものと相違はないのか?
このチェックは必ずしましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ