お子様にもわかりやすい!フェーン現象

 

フェーン現象って
「なぜ?なに?」と聞かれたときの
お助けになれば幸いです。

 

台風が通過した後、
テレビで天気予報を見ていると
『フェーン現象で暑くなる』
とよく耳にします。

 

フェーン現象とは
単純に、湿った空気が山を降りることによって、温度が上がる現象のことです。
山を越えてきた地域が湿度の低い高温になるのです。
イメージできますか?
自分のものにする為にも
イメージしていきましょう。

 

空気の性質を考えてみます。
空気を縮めると(圧縮)、気圧が高くなって温度が上がり
空気をふくらませると(膨張)、気圧が低くなって温度が下がる
ボイルシャルルの法則というのがあります。

 

エアコンの室外機や冷蔵庫等も
この原理によるものなのです。

 

afr1612220027-p2

掘り下げてみますと
風が、水分を含んだ状態で山にぶつかります。
すると、山肌にそって上昇することによって
(100m上がるごとに気温が0.5度下がる)
山の上で雲となって雨を降らせます。

 

その後、風は雨で水分をなくし、
山を越えて反対側に降りてゆく時に
圧縮されて気温が上がるというわけです。
この一連の現象によって吹く風のことを
「フェーン現象」というのです。

 

季節関係なしに常にこの条件で発生しますが
天気予報では、
台風などで著しく気温が高くなるときに言われますよね。

 

冬は元々の気温が低いのでそんなに問題視されませんが、
夏の暑さにフェーン現象が起こると、
元々の気温が高いので、もっと気温が高くなるから要注意だよ!!
ということなんだろうと思います。

 

気になったので書いてみました。
最後まで読んで頂き、有難うございました(/(エ)\*)

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ